2次会エンジェル

TEL 03-6416-1360 営業時間10:00~21:00

TEL 03-6416-1360

column

2次会コラム

LGBTでも結婚式は挙げられる?気になる結婚事情やおすすめの結婚式場は?

レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー、これらの頭文字を繋げた「LGBT」という言葉は近年よく話題になっています。

LGBTですが、中でも注目を集めているのが結婚に関する事情です。

もしかしたら、この記事をお読み頂いているあなたも、同性婚についての悩みをお持ちではないでしょうか。

日本社会のLGBTに対する理解は少しずつ進んではいるものの、未だLGBTに偏見を持つ方も多く、社会制度の整備も十分とは言えません。

そのため、「LGBTの結婚って認められているの?」、「LGBTの人達でも式を挙げることはできるのか?」など、疑問も思い浮かんでくるでしょう。

今回はLGBTの結婚および結婚式に対する疑問を徹底的に解説していきます。

日本におけるLGBTの結婚事情とは?

LGBTカップルの中には男女間のように、真剣に結婚を検討されている方達もいるのではないでしょうか。

ただ、気になるのが「LGBTにおける結婚は認められているの?」ですよね。

結論を申し上げてしまいますと、2020年現在LGBTの婚姻は法律上認められていません。

なぜなら、日本国憲法第24条1項と2項に、以下のような文面が記載されているからです。

「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない」

「配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して制定されなければならない」

前者は1項、後者は2項となりますが、いずれも「両性」と記載されています。

そして、この両性とは「男性」と「女性」を意味します。

そのため、2020年現在において同性婚は認められていないという事になります。

婚姻関係が認められないことで生じるデメリット

「結婚に拘る人が多いけど、一緒に住むなら同棲は駄目なの?」、と思われる人もいるかも知れません。

しかし、同棲だけだと、婚姻関係で得られる以下のような権利が認められません。

  • 配偶者控除などの税控除や社会保障が認められない
  • 携帯電話の家族割など、家族関係の割引が適用されない
  • 住宅の確保が難しい、賃貸契約ができない
  • パートナーの姓を名乗れない
  • 医療面で家族の意思を代行できない(手術の署名にサインできない、面会謝絶のときに会えないなど)
  • パートナーに財産を残すことができない(パートナーの死後、財産分与などを受け取れない)

このように、パートナーが同性という理由だけで、婚姻関係にて得られるはずの権利が与えられないのです。

これを聞くと、やはり同性カップルに対しての不平等と言わざるを得ません。

パートナーシップ制度とは?

ここまでの内容だけを見るとLGBTの方達にとって不平等な点だらけですが、悲観するのは早いです。

確かに法律上での同性婚は認められていませんが、結婚に相当する関係として認める制度があるのをご存知でしょうか?

それがパートナーシップ制度です。

パートナーシップ制度とは、法的な効力はないけど、同性カップルが結婚に相当する関係として認める証明書(書類)を発行する制度の事を言います。

2015年に渋谷区と世田谷区で始まり、2020年現在では33もの自治体で制度が設けられています。

以下、パートナーシップ制度が発行されている自治体です。

都道府県 市区町村
東京都 渋谷区
東京都 世田谷区
東京都 中野区
東京都 豊島区
東京都 江戸川区
東京都 府中市
大阪府 大阪市
大阪府 堺市
大阪府 牧方氏
大阪府 交野市
大阪府 大東市
北海道 札幌市
茨城県 茨城全域
栃木県 鹿沼市
群馬県 大泉長
神奈川県 横須賀市
神奈川県 小田原市
神奈川県 横浜市
神奈川県 鎌倉市
千葉県 千葉市
愛知県 西尾市
三重県 伊賀市
兵庫県 宝塚市
兵庫県 三田市
兵庫県 尼崎市
岡山県 総社市
香川県 三豊市
福岡県 福岡市
福岡県 北九州市
宮崎県 宮崎市
長崎県 長崎市
熊本県 熊本市
沖縄県 那覇市

 

では、パートナーシップ制度を発行してもらうことで、どういった事が起きるのか?

メリットとデメリットをまとめましたので、それぞれ見ていきましょう。

メリット

パートナーシップ制度におけるメリットは、やはり家族と同等の権利を得られることではないでしょうか。

例えば、以下の項目に該当する権利を得ることができます。

  • 住宅ローンの適用、賃貸契約が可能になる
  • 携帯電話の家族割など、家族関係の割引が適用される
  • 保険金の受取が可能になる
  • 区営住宅での同居が保証される
  • 家族手当など福利厚生が適用される
  • 医療面で家族の意思を代行できる(手術の署名にサイン、面会謝絶のときでも会える)

このように、パートナーシップ制度のおかげで、婚姻関係で認められる権利のいくつかを得られます。

デメリット

メリットがある一方、デメリットや納得のいかない点も複数存在します。

  • 税制優遇を受けられない(配偶者控除などの税控除や社会保障が認められない)
  • パートナーの姓を名乗れない
  • パートナーに財産を残すことができない(パートナーの死後、財産分与などを受け取れない)
  • パートナーシップ制度のある自治体で暮らす必要がある
  • 渋谷区でパートナーシップ制度の申請を行う場合、公正証書が必要になるため約8万円の費用が発生する
  • 転居する場合は、証明書を自治体に返還しなければならない

税金の控除や財産分与など、法律が絡んでくる事は、パートナーシップ制度を持ってしても権利を得ることができないようです。

また、パートナーシップ制度は発行している自治体限定となるため、それ以外の地域に転居する際は証明書を返還しなければなりません。

「法律が絡んでくる権利は得られない」、「効力を発揮できるのは、制度を発行している自治体限定」。

この2つがパートナーシップ制度のデメリットと言えます。

LGBT必見!法律上の婚姻は不可能でも結婚式なら挙げられる!

結婚式、それはパートナー同士が永遠の愛を誓うための重要な儀式でもあります。

ただ、法律ではLGBTの婚姻が認められていないことから、「結婚式を挙げるのも無理なの?」と心配になってしまいますよね。

ですが、その心配なら不要!

LGBTのカップルでも結婚式は挙げられます。

なぜなら、結婚式というのは法律に関与する事ではないからですね。

会場によってはお断りしているケースもありますが、挙式自体は可能なので、ご安心ください。

結婚した事の証明!リーガルウェディング

余談ではありますが、あなたはリーガルウェディングをご存知でしょうか?

リーガルウェディングとは、その国の法律で定められた方法に従って挙げる結婚式の事です。

リーガルウェディングを挙げることで、挙式した国と日本の両方に「2人が結婚した」という記録が残ります。

そして、同性婚を認めている国の中には、なんとLGBT同士のリーガルウェディングが可能な国もあるのです。

有名な国(地域)を挙げますと、カナダやハワイなどですね。

もちろん、これで法的な婚姻が認められる訳ではないのですが、日本の戸籍に「○○国方式により婚姻」と、きちんと記録されます。

たとえ法律では認められなくても、証明が残るだけでも嬉しいもの。

そのため、現在LGBTカップルに注目されています。

LGBTの結婚式の仕組みは?

LGBTの結婚式の仕組みですが、基本的に男女間の挙式と同じものだと思って頂ければ大丈夫です。

ただ、新郎謝辞や花嫁の手紙など、新郎や花嫁に限定されるような演出はLGBTの方達に向けて多少アレンジされます。

LGBTの結婚式だからこそ楽しめる要素

基本的に男女間の結婚式と同じやり方になるわけですが、同性婚だからこその楽しみ方もあります。

例えば、衣装選びが挙げられます。

上から下まで全部同じ衣装の「双子コーデ」や、デザインは同じだけど全て色違いで揃える「色違いコーディネート」などですね。

他にも衣装を選ぶ際とかに、同性同士なら一緒にエステに通って、ヘアメイクを行ったり着替えたりなど、一連の流れを共有できます。

これは、まさに同性婚だからこそできる楽しみ方ではないでしょうか。

LGBTでも大歓迎の結婚式会場

LGBTのカップルでも結婚式を挙げる事は可能なのですが、1つ問題があります。

それは、会場によっては断られてしまうという事です。

LGBTは社会に認知されているものの、偏見が消えた訳ではありません。

その影響もあってか、同性婚の挙式は受け付けていない会場も少なくはないのです。

しかし、一方でLGBTに関する研修を行っていたり、打ち合わせ時に他のカップルとバッティングしないよう配慮してくれたりと、同性婚の挙式に対して積極的になっている会場が増えているのも事実です。

ここでは、LGBTでも大歓迎の結婚式会場の一例をご紹介いたします。

マノワール・ディノ

マノワール・ディノは、青山の閑静な住宅街に佇み、樹齢130年を誇る楠が目印の式場です。

挙式ができるガーデンやプライズルーム、ゲスト控室として使用できる個室が6つもあります。

設備が充実しており、スタッフのサービスも高い評価をもらっています。

樹齢130年を誇る楠が2人の幸せの門出を祝ってくれるでしょう。

住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷4-1-13

公式サイトはこちらから

小さな結婚式 お台場店

小さな結婚式 お台場店は、小規模な式を挙げられるカップルにおすすめの式場です。

ホワイトをベースにしたチャペルは、ドレスやタキシードをより清潔で美しく見せてくれます。

また、平均予算も10万~75万円ほどとされており、非常にリーズナブルな価格で結婚式を挙げられるのも魅力と言えます。

身内だけで式を済ませたいというカップルには、おすすめの場所です。

住所:〒135-0064 東京都江東区青海1丁目3−15 ヴィーナスフォート2F

公式サイトはこちらから

ベイサイドパーク迎賓館/テイクアンドギヴ・ニーズ

ベイサイドパーク迎賓館は、太陽の光が降り注ぐ自然の空間の中で式を挙げられます。

プールガーデン付きの邸宅を貸切で利用することもでき、2人の自宅のように使ったパーティーを展開できます。

また、公式ページから予約を行えば、結婚式の総額を最低価格に保証してくれるサービスもあります。

住所:〒260-0024 千葉県千葉市中央中央港1丁目26−3

公式サイトはこちらから

アゴラシオン

アゴララシオンは、ローマの宮殿を彷彿させる関西最大級のチャペルの中で、式を行える会場です。

挙式後は、最上階会場にて街を見渡しながら優雅なパーティーを楽しめます。

また、プランに応じてお得な特典も付帯されます。

住所:〒530-0005 大阪市北区中之島6-2-39

公式サイトはこちらから

アルモニーヴィラ オージャルダン(HARMONIE VILLA EAU JARDIN)

アルモニーヴィラ オージャルダンは、海の近くに会場を備えていることから、その雰囲気を存分に味わえます。

日本国内にいながら、海外リゾートを彷彿させてくれる環境での結婚式が実現可能です。

また、チャペルは全面ガラス張りとなっており、自然光を浴びながら非日常的な空間での挙式を堪能できます。

住所:〒479-0882 愛知県常滑市りんくう町三丁目10番7

公式サイトはこちらから

インスタイルウェディング京都

京都特有の「伝統・歴史ある建物・たおやかなおもてなし・季節の情景」。

これらの要素を最旬のセンスと融合させ、タイムレスな結婚式を実現してくれるのがインスタイルウェディング京都です。

四季折々の空気を感じながら、その季節だけにしか味わえない情景を楽しみながら結婚式を挙げられます。

京都駅から徒歩4分、四条駅から徒歩10秒とアクセスも抜群です。

住所:〒600‐8412 京都府京都市下京区烏丸通綾小路下ル二帖半敷町647

公式サイトはこちらから

その他多数の式場アリ!

ここでは一部の式場を紹介いたしましたが、LGBTカップル向けの式場は他にもたくさんあります。

気になる方は、一度下記サイトをご覧になってみてください。

→LGBTウェルカムの式場はこちらから

LGBTの方達でもウェルカム!結婚式二次会のご相談なら「二次会エンジェル」まで!

LGBTカップルの中には、結婚式だけではなく二次会の開催を検討されている方も多いのではないでしょうか。

二次会を行う場合、余興ネタの準備など、結婚式とは違った意味でバタバタしています。

そのため、二次会代行業者に依頼するカップルも少なくはありません。

ただ、代行業者も同様に、LGBTカップルには対応していない場合がございます。

そうなると、「どこに相談すればいいの?」ですよね。

そこで、LGBTカップルの助けになるのが弊社こと「二次会エンジェル」です。

二次会エンジェルでは、LGBTカップルの対応も可能としており、実際にプランナー経験もあります。

ですから、結婚式二次会の開催を検討されているLGBTの方達のお役に立てる自信がございます。

お問合せはいつでも受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

婚姻に関しては、まだ法律化にはいたっていないものの、LGBTに対する見方の変化やサービスの動きが年々着実に進んでいるのは間違いないでしょう。

パートナーシップ制度の発行やLGBT歓迎の式場が増えてきているのが何よりの証拠ではないでしょうか。

今後、もっと世の中に浸透していき、いつかは男女間の夫婦と平等な扱いになれば、これに越した事はありません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

一覧へ戻る

2次会コラム

2次会についてのお問い合わせは

お電話でのお問合せ

03-6416-1360

営業時間:10:00~21:00 年中無休

メールでのお問い合わせ

Webからお問い合わせ・予約する

返答は営業時間になりますのであらかじめご了承ください。